五月病と睡眠

五月病と言うと、新入社員や学校の新入生などに主に見られる症状で、新しい環境に疲れてしまったり上手く適応できないことが原因となる精神的なものですね。

症状としては、不眠に陥る場合も多く、それがまた新たな症状を引き起こすという悪循環の原因となりえます。

五月病の原因

日本では四月が新年度。新年度はなにかと新しい環境へと変化する時期です。入学や就職や異動などはちょうどこの時期に集中します。一人暮らしのスタートなど、ビッグイベントが始まる人も多いですね。

本来なら期待や希望に満ち溢れた時期です。しかし、上手く適応できなかったり精神面に無理がかかりすぎると、まるでうつ病のような症状が出てくる場合があるのです。ちょうど5月のゴールデンウィークで緊張の糸がプツンと切れてしまったかのように、一気に症状が表面化してくるようですね。

五月病は医学的には「適応障害」とか「うつ病」などと診断されるそうです。

五月病の症状

五月病になると、疲労感を強く感じたり、食欲が落ちたり、無気力になったり、人との関わりを避けたくなったりすることも多く、不眠に陥ることが多いわけです。

五月病 対策

では、五月病を解消するにはどうしたらよいのでしょうか。安易にアルコールに頼ってしまったりするのは禁物です。一時的にはストレス発散になるかも知れませんが、長期的に見るとやはり不健康ですね。

 

五月病の対処方法として効果的なものを挙げると

・友人との交流

気兼ねなく付き合える友人とのコミュニケーションはなによりのストレス発散ですね。話を聞いてもらえるだけで、不思議と悩みは消化されてしまうものです。

・栄養バランスを整える

不調の原因として、根本的に栄養バランスの乱れである場合も多いです。人間の体というものは食べ物によって作られていますので、普段から何を食べているかというのは意外と重要な問題です。偏った食事をしている場合は、そこを改善するだけで症状の改善につながる可能性が高いです。

・メリハリをつける

仕事や学校では、しっかりやるべきことに集中。そして休日には何もかも忘れるくらい趣味や遊びに集中する、という感じでメリハリをつけた方が良いです。休日は体を動かしたりサロンやサウナでリラックスしたり。楽しいとか幸せとかを感じるように心がければセロトニンなども分泌されやすくなるでしょう。

以上のような感じですね。

五月病と睡眠

何はともあれ、五月病が原因で睡眠にも影響が表れているとしたらすぐに対処するべきです。

何しろ十分に質の良い睡眠がとれていないと、日中の仕事の質も上がりません。それがまた精神面を疲弊させ、さらに睡眠の質が落ちるという悪循環になってしまいます。

この悪循環を断ち切るためにも、まずは質の良い睡眠をしっかりとれる状態にもっていくこと。これが肝心だと思います。睡眠の質さえ上がれば、逆に良い循環が生まれ、何もかもがうまく行きはじめるものかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第(2)類医薬品】ドリエル(12錠)【ドリエル】
価格:1480円(税込、送料別) (2018/4/6時点)

ひとまず、睡眠改善薬を使って悪循環を断ち切るというのも一つの選択肢として有効だと思います。
最近の睡眠改善薬は優秀で、依存性もそれほど高くないと言われていますので安心して服薬できると思います。

ページトップへ